MXTシリーズ

シンプル設計ながらハイパワーLEDの能力を最大限に発揮。

mxt-led.jpg MXTシリーズに使用するLED素子は、LEDメーカー最王手のアメリカCREE社製を採用。 高品質な光をお約束することができます。
(LED業界は革新的な進歩を続けていますので、仕様の変更に伴い、素子メーカーの変更もあります。)

シンプルながら計算されたアルミボディはヒートシンク一体型。その放熱性能によりLEDの発熱を抑え、 ハイパワーLEDの特徴を最大限に引き出すことができます。
放熱ファンを装着しないのは、LEDより短いファンの寿命を考えたときに 途中でのファン交換によるランニングコストの増加を抑えるため。
また、ファンの風切音も気になり、わずかながらも余計な電気代がかかります。
ファン装着タイプは器具内(基盤)温度を下げるには大変すばらしい威力を発揮しますが、 その弱点として水槽用として水面の近くに設置することでファンにより大量の湿気を吸うことになります。
湿気に対して非常に弱い性質をもっているLED照明に、多大な悪影響を及ぼす原因になります。

Driver(電源装置)は別置設計としました。
ハイパワーLEDは光が出る前面にはあまり放熱しませんが、後方の基盤では100度以上の高熱が放熱され 電源一体型はその熱により故障や寿命の低下を引き起こします。 業務用、店舗用ハイパワーLEDではLEDよりもDriverの方が先に寿命が来ると考えられているため 安価な交換費用で済むDriver別置タイプが大勢をしめています。

メタハラに肉薄する高品質LEDの光量。

mxt-main.jpg(54764 byte) 最新のLEDを採用することにより、消費電力あたりの光の量1ワットルーメンパワー(w/lp)が メタハラとほぼ同等の光量を得ることが可能となってきました。
ただ、このままではメタハラと変わらない光量と消費電力となり、エコにはつながらなくなります。 LED照明はメタハラ照明との違いは、発光面での発熱温度。
LEDは非常に発熱温度が低いため、水面に近いところに設置しても水温を上げる心配がなく また、水面に近いところに設置することにより、メタハラ以上の光量を得ることができます。 例えば、メタハラ150Wワットタイプを水面上30cmに設置したときの照度であれば MXTであれば水面15cmでメタハラ以上の照度が必ず得られます。そして、光の広がりもメタハラ以上となり 水面における温度がメタハラより10℃低く抑えることができるため、水槽クーラーの消費電力を抑えることができ 電気料金の削減ができます。(当社実測値:メタハラ10000K、MXT−02)

IP64の生活防水仕様

mxt-01.jpg LEDは電子部品特有の水分や湿気に弱いという特性を持ちます。
MXTシリーズは防水規格IP64レベルに対応しており、生活防水に対応する使用ができることから 水面近くでの設置が可能です。(防水機能ですので、水に浸っている状態での使用はできません。) また、前面には強化ガラスを採用しており、汚れた場合は水洗いができますので、気軽にメンテナンスができて いつもきれいな状態を保つことができ、明るい水槽の維持ができます。
※防水性能は、経年劣化しますのでご注意ください。

LED照明による低ランニングコスト

running_cost LED照明の最大の魅力は低ランニングコストであること。
現在、メタハラ照明(150Wタイプ)をお使いの方がMXTシリーズに交換した場合、 約2年〜3年で照明にかかる総コストが逆転します。
詳しくは右のグラフをご覧ください。

器具仕様

MXT−01S (20000K以上)

EX.Blue×15
20000k以上の水深のある、高い演出効果が得られます。
mxt-001s.jpg

MXT−02S (14000K)

Ic.White(10000k)×10 + EX.Blue×5
浅い水深の透明感のある演出効果が望めます。
mxt-002s.jpg

NEWMXT−03S (20000K以上)

Royal Blue×10 + EX.Blue×5
RoyalBlueランプの個数を増やしたことで、より深みのある青の演出効果を実現しました。
mxt-003s.jpg

NEW MXT−05S (水草用)

White(8000K)×12 + Cl.White(8000k+)×3
Ic.Whiteをプラスすることにより高彩度型(Ga)となり、水草の見栄えが鮮やかになります。
mxt-005s.jpg

NEWMXT−06S (水草用)

White(8000k)×8 + White(4500k)×4 + White(3300k)×3
白色系LEDのみで3波長に近づけた商品です。
旧タイプと同様に太陽光下のようなナチュラルな演出がよりいっそう近づきます。
高演色性(Ra90%以上)が自然な色合いを演出し、プロ志向の高い水草水槽が実現します。
8000kは発芽に必要な青色系波長450nm、3300kは葉茎の成長に必要な赤色系波長660nmを多く含み
4500kは自然な色合いの補色が可能です。
mxt-006s.jpg

NEW MXT−07S (海水用)

Royal Blue×8 + Ic.White(10000k)×4 + War.White(3000k+)×3
コーラルグロウのLED版がさらにバージョンアップ。サンゴ水槽にベスト。
mxt-007s.jpg

NEW MXT−08S (海水用)

Royal Blue×10 + Ic.White(10000k)×5
お待たせしました。専門店やマニアからの熱い要望に応えて新登場です。
mxt-008s.jpg

LED: 3Wタイプ×15個使用
LED寿命: 40000時間
入力電力: 100V
消費電力: 約38W
本体寸法: 縦50×横505×高さ80mm(ワイヤー自在器付き)
電源装置寸法: 縦60×横250×高さ45mm
本体重量: 1キログラム
電源装置重量: 700グラム

このサイトの画像と実際の照明ではモニター等の状態により、色目が違うことがあります。