MH-N70S, MH-N150S

爬虫類専用設計15年の実績をもとに
一から新しく設計しなおしました。

MH-Nシリーズ

MH-Nシリーズはこれまでの爬虫類照明の設計実績をもとに、まったく一から創りあげたメタハラ照明器具です。
エムズワンでは爬虫類飼育に使う照明器具は、ランプと照明器具のどちらもが専用のものである必要があると考えています。
爬虫類用と表示された照明器具で蛍光灯とメタハラを利用したものがありますが、この二つの違いは、 UVBの照射量だけではなく、蛍光灯は面光源、メタハラは点光源と、光量以上にまったく違った性質を持っています。
蛍光灯では光の強度が低く、自然界でいえば曇り空の環境と言えます。 一方でメタハラは光の強度がたいへん強いため太陽光に近い状態の光が再現でき、昼夜でメリハリのある環境づくりが可能となります。

また、通常のメタハラの照明器具はUVBを必要としないため、器具の前面フィルターガラスのUVB透過率は10%以下です。 当社で採用しているガラスは特殊な理化学ガラスのため、UVB、UVAを80%以上透過することができ、 より多くの紫外線を効率的に照射することが可能となっています。(UVCの透過率は0%です)

新たに設計された反射板で、より理想的な配光が実現。

MHシリーズ反射板(集光型)

集光型反射板
よりいっそう太陽光に近い光を照射できるようにメッキと科学研磨処理を施しました。
(N150Sは標準装備、N70Sはオプション)

MHシリーズ反射板(広角型)

広角型反射板
ドイツ製の材料を使用し、よりいっそう広く、強い光を照射できるように設計しました。
(N70S、N150Sとも標準装備)

安定器は別置。ゲージ用バーを標準装備。  

安定期を別置きにすることで、ゲージ内での使用も可能になりました。
また、ゲージ用バーの利用でゲージ上の網に対する負担もありません。

ドイツBLV社製のランプを使用  

ドイツBLV社製ランプ
ランプパッケーッジ

当社で15年以上採用し続けているドイツBLV社製のランプ。
信頼できる同社の製品はUVB、UVAを多く照射できるため、世界中の動物園、水族館、愛好家が 使用しています。
普通のメタハラランプでは人間に有害とされているUVB波長の照射はほとんど皆無になっています。


ランプ・リフト付き標準希望小売価格
MH-N70S(広角型反射板付属) 68,000円
MH-N150S(集光型・広角型反射板付属) 84,000円

オプション
集光型反射板 12,000円

サイズ・重量
灯具 240×200×130mm 2.0kg
安定器 150×270×165mm 1.8kg(N70S)、 2.3kg(N150S)